まろやかでバランス良く飲みやすい!

いま話題の活きている天然水、桜島活泉水は他のミネラルウォーターとは異なります。

その違いは飲み心地やその結果に現れます。

源泉をパイプラインなどを使って運搬しておらず、工場敷地内で自噴した温泉水をやしがら活性炭で一次ろ過し、その時に生じる見えない粒子をミクロフィルターで二次ろ過しています。

これをタンクに貯蔵し、パストライザーと呼ばれる瞬間加熱殺菌装置で加熱殺菌し、より安全性に配慮しています。

また、水道水との違いも明らかで、水道水はおおむね+300から+600mvの酸化水ですが、桜島活泉水は−316mvの酸化したものを元の状態に戻す作用を持っている天然のマイナスイオン還元水なので、植物に使用すると著しい成長が見られます。

毎日のお料理などへのご利用も最適です。

特にお魚を使った鍋物をつくるには、活泉水を使ったほうが味が引き立ち、いつものお鍋が格段においしくなりますのでぜひお試しください。

人の体の約60%は水でできており、水は体内で血液となって栄養分や老廃物を運び絶えず循環しています。

毎日の健康のためにも桜島活泉水です。